小学校受験成功術│子どもの明るい未来を作るならまずは基礎から

人気の訳

笑顔の幼児

子どもにスポーツの習い事をさせるなら、どんなスポーツがよいのでしょうか。人気のある習い事は、人気になるだけの秘密があります。多くの支持を集めている習い事が、水泳です。水泳は、心肺機能を高め丈夫な体作りに欠かせないスポーツです。水中には抵抗力があるので、地上と同じ運動をしても強い負荷がかかります。筋力が鍛えられて基礎体力が身につきます。水中で息継ぎをすることで、肺も鍛えられます。小学校の授業でも水泳が取り上げられています。小さい子どもの頃から水泳をさせることで、楽しく授業を受けられることでしょう。毎年水泳の授業があります。泳げることで自信にも繋がり、授業に積極的に参加できます。ぜんそくなど、呼吸器系が弱い子どもにおすすめのスポーツです。平均的な月謝は、3000円から1万円程度です。最初にかかる費用は、水着やゴーグルなど2000円から1万円くらいになるでしょう。サッカーはチームでプレイするスポーツです。団体行動の大切さやチームワークを学ぶことができるでしょう。自分で積極的にボールを取りに行かなくてはいけないため、積極性が生まれます。最近は、女の子の習い事としても人気があります。サッカーはプレイ中、常に走り回る体力のいるスポーツです。走ることにより、基礎体力や持久力が身につきます。転んで怪我をすることも少なくありませんが、少しのことでも動じない強い子どもに育つでしょう。毎月の月謝は、0円から5000円程度です。無料のサッカー教室も開催されています。ユニフォームや靴を揃えるので、5000円から2万円程度の初期費用がかかります。